福の神食堂

秋葉原中央通を北へ向かい、神田明神通り外神田交差点を超え、ソフマップのMac専門店脇からジャンク通りに入り、右に雁川、左にじゃんがら屋を臨みつつ、TSUKUMO12号店の交差点をさらに真っすぐ進み昌平小学校の脇を通りポポンデッタを左に眺めて、昌平橋通りにぶつかったら、通り沿い右手側にある、「日本のラーメンを変える若手っぽい会」通称わぽ会所属、福の神食堂がここにある。

メインのラインナップは、中華そば、塩そば、つけ麺の3つとそう多くはないが、どれも味は保証する。
あっさり系なら細麺の塩そばや中華そば、こってり系が好きならつけ麺だ、僕は個人的にはここのつけ麺が大好きだ。

材料のことはあまり詳しくないが、魚介豚骨系で鶏白湯のスープも使っているようで、濃厚ながらまろやかでとてもとても美味しい。
麺も全粒粉麺とやらで、麺全体に細かなつぶつぶのようなものが見える太麺なのだが、これもまた美味い。

数年前から魚介豚骨系のつけ麺が好きになり、あちこちラーメン屋に行くことがあれば食べ比べていたのだが、自分が食べた魚介豚骨系のつけ麺の中では一番好みだ。
秋葉原では魚介豚骨つけ麺だと末広町方面の蔵前橋通り沿いにある「楽」もなかなかで、福の神食堂が定休日の日曜日に秋葉原に行った時は時々足を運んでいる。

ところで、この福の神食堂には上記定番メニュー以外に定例的にやっている限定麺というものがある。
限定麺のメニューはその時時で違うのだが、季節感のあるメニューなどが毎日限定で数十杯販売される。
今やっているのは「浅利とトマトの鶏白湯つけ麺」で、トマトのイタリアンな風味と浅利と鳥白湯のコクの有る味が期待できる(まだ食べれてない)
今までも浅利系の限定麺が何度かあったがどれもすごい美味しかった。どうやら貝類の旨味成分と肉系の旨味成分が相乗効果で最強なのだそうだ。
こんな夜も眠れなくなる夢の様なコラボレーションが現実に実現してしまうなんて何たるサプライズやら、もうまったく来週の土曜日が楽しみだ。

 

[福の神食堂]
http://ameblo.jp/fukunokamishokudou/
https://twitter.com/R_Fukunokami

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)