その架空請求SMS、Twitterに上げちゃダメ

先日、某大手ショッピングサイトを騙る架空請求のSMSが届きました。

内容はありふれたもので、未払いの督促を法的手段も辞さないとの脅し文句付きで伝える内容でした。

Twitter検索で同様のものが無いか調べた所、ひとつ興味深い点があることに気付きました。

単純なSMSにも関わらず、本文の内容、発信元名称、連絡先電話番号が違うと言うことです。

これらが、何を意味しているかというと、詐欺集団側からすると、SMSの内容から、それを送りつけた相手の電話番号が一意に識別できるということです。

SMSの本文をそのまま丸ごとTwitter等の世界中誰もが見られるサイトに投稿すると、当然SMSを送りつけた詐欺集団も見ることが出来るので、この電話番号の人間はこのTwitterアカウントを使用しているんだなぁ。と言うことがバレてしまいます。

バレたあと、その情報がどのように利用されるかまではわかりませんが、
(売られるのか、別の攻撃のターゲットに使われるのか・・・)
少なくとも、Twitterのアカウントを作り直すか、電話番号を変えなくては情報は握られたままです。

Twitterはユーザ名とは別に一意のユーザIDがあるので、ユーザ名を変えても意味が無いのでご注意を。

なので、架空請求のSMSやそれに類する何かを受け取っても、絶対にSNSにその内容をアップロードしてはいけません。

 

架空請求SMSを受け取って、

「バカだなぁ、こんな下らないSMSで架空請求に引っかかるバカが何処に居るんだよ」

とか思って、

「ボクチンは頭がいいので、こんな詐欺には引っかかりませんでしたー!プゲラ」

みたいな勢いで、TwitterにSMSを晒す行為は、

まんまと詐欺集団の手のひらで踊らされている事になるので気をつけましょう。

 

このことからも、改めて知見を得ることがあるとすれば、

「詐欺師はバカではない」

ということです。

注意しましょう。

Related Post

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)